戻る

戻る

新美 南吉

ごん狐

読み手:宇佐美 瞳(2016年)

ごん狐

著者:新美 南吉 読み手:宇佐美 瞳 時間:18分42秒

 これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。
 むかしは、私たちの村のちかくの、中山というところに小さなお城があって、中山さまというおとのさまが、おられたそうです。
 その中山から、少しはなれた山の中に、「ごん狐」という狐がいました。ごんは、一人ぼっちの小狐で、しだの一ぱいしげった森の中に穴をほって住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出てきて、いたずらばかりしました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.