戻る

戻る

芥川 龍之介

魔術

読み手:加茂野 一夫(2016年)

魔術

著者:芥川 龍之介 読み手:加茂野 一夫 時間:26分22秒

 ある時雨の降る晩のことです。私を乗せた人力車は、何度も大森界隈の険しい坂を上ったり下りたりして、やっと竹藪に囲まれた、小さな西洋館の前に梶棒を下しました。もう鼠色のペンキの剥げかかった、狭苦しい玄関には、車夫の出した提灯の明りで見ると、印度人マティラム・ミスラと日本字で書いた、これだけは新しい、瀬戸物の標札がかかっています。
 マティラム・ミスラ君と云えば、もう皆さんの中にも、御存じの方が少くないかも知れません・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.