戻る

戻る

稗田の阿禮、太の安萬侶  武田 祐吉

「古事記」現代語譯
四、「大國主の命」より「兎と鰐」

読み手:麻中 恒子(2016年)

「古事記」現代語譯
四、「大國主の命」より「兎と鰐」

著者:稗田の阿禮、太の安萬侶 作/武田 祐吉 訳 読み手:麻中 恒子 時間:4分29秒

――これから出雲系の英雄大國主の神の神話になる。さまざまの神話を、一神の名のもとに寄せたものの如くである。――
 この大國主の命の兄弟は、澤山おいでになりました。しかし國は皆大國主の命にお讓り申しました。お讓り申し上げたわけは、その大勢の神が皆因幡のヤガミ姫と結婚しようという心があつて、一緒に因幡に行きました。時に大國主の命に袋を負わせ從者として連れて行きました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.