戻る

戻る

夏目 漱石

「夢十夜」「第七夜」

読み手:西沢 裕子(2016年)

「夢十夜」「第七夜」

著者:夏目 漱石 読み手:西沢 裕子 時間:7分31秒

 何でも大きな船に乗っている。
 この船が毎日毎夜すこしの絶間なく黒い煙を吐いて浪を切って進んで行く。凄じい音である。けれどもどこへ行くんだか分らない。ただ波の底から焼火箸のような太陽が出る。それが高い帆柱の真上まで来てしばらく挂っているかと思うと、いつの間にか大きな船を追い越して、先へ行ってしまう。そうして、しまいには焼火箸のようにじゅっといってまた波の底に沈んで行く。そのたんびに蒼い波が遠くの向うで、蘇枋の色に沸き返る・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.