戻る

戻る

小川 未明

金魚売り

読み手:吉江 美也子(2016年)

金魚売り

著者:小川 未明 読み手:吉江 美也子 時間:12分58秒

 たくさんな金魚の子が、おけの中で、あふ、あふとして泳いでいました。体じゅうがすっかり赤いのや、白と赤のまだらのや、頭のさきが、ちょっと黒いの や、いろいろあったのです。それを前と後ろに二つのおけの中にいれて、肩にかついで、おじいさんは、春のさびしい道を歩いていました。
 このおじいさんは、これらの金魚を仲買や、卸屋などから買ってきたのではありません。自分で卵から養成したのでありますから、ほんとうに、自分の子供のように、かわいく思っていたのです・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.