戻る

戻る

夢野 久作

お金とピストル

読み手:野村 洋二(2016年)

お金とピストル

著者:夢野 久作 読み手:野村 洋二 時間:1分59秒

 泥棒がケチンボの家へ入ってピストルを見せて、お金を出せと言いました。ケチンボは、
「ただお金を出すのはいやだ。その短銃を売ってくれるなら千円で買おう。お前は私からお金さえ貰えばそんなピストルは要らないだろう」
 泥棒は考えておりましたが、とうとうそのピストルを千円でケチンボに売りました。ケチンボは泥棒からピストルを受け取ると、すぐにも泥棒を撃ちそうにしながら、
「さあ、そのお金ばかりでない、ほかで盗んだお金もみんな出せ。出さないと殺してしまうぞ」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.