戻る

戻る

芥川 龍之介

食物として

読み手:福田 陽子(2016年)

食物として

著者:芥川 龍之介 読み手:福田 陽子 時間:1分47秒

 金沢の方言によれば「うまさうな」と云ふのは「肥つた」と云ふことである。例へば肥つた人を見ると、あの人はうまさうな人だなどとも云ふらしい。この方言は一寸食人種の使ふ言葉じみてゐて愉快である。
 僕はこの方言を思ひ出すたびに、自然と僕の友達を食物として、見るやうになつてゐる。
 里見君などは皮造りの刺身にしたらば、きつと、うまいのに違ひない。菊池君も、あの鼻などを椎茸と一緒に煮てくへば、脂ぎつてゐて、うまいだらう。谷崎潤一郎君は西洋酒で煮てくへば飛び切りに、うまいことは確である・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.