戻る

戻る

グリム兄弟  楠山 正雄

赤ずきんちゃん

読み手:渡邊 明美(2016年)

赤ずきんちゃん

著者:グリム兄弟/楠山 正雄 訳 読み手:渡邊 明美 時間:11分10秒

 むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子がありました。それはたれだって、ちょいとみただけで、かわいくなるこの子でしたが、でも、たれよりもかれよりも、この子のおばあさんほど、この子をかわいがっているものはなく、この子をみると、なにもかもやりたくてやりたくて、いったいなにをやっていいのかわからなくなるくらいでした。それで、あるとき、おばあさんは、赤いびろうどで、この子にずきんをこしらえてやりました。すると、それがまたこの子によく似あうので、もうほかのものは、なんにもかぶらないと、きめてしまいました。そこで、この子は、赤ずきんちゃん、赤ずきんちゃん、とばかり、よばれるようになりました。
 ある日、おかあさんは、この子をよんでいいました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.