戻る

戻る

夢野 久作

狸と与太郎

読み手:伊藤 和(2016年)

狸と与太郎

著者:夢野 久作 読み手:伊藤 和 時間:2分16秒

 与太郎は毎日隣村へ遊びに行って、まだ日の暮れぬうちに森を通って帰って来ました。
「あの森は狸がいていろいろのものに化けるから、日の暮れぬうちに帰らぬと怖ろしいぞ」
 とお母さんが言いきかせているからです。
 ある日、太郎はうっかり遊び過ごして真暗になって帰って来ました。森の中に入ると、忽ち一丈もある位の一つ目入道が出ました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.