戻る

戻る

紫式部  与謝野 晶子

「源氏物語」「空蝉」

読み手:麻中 恒子(2016年)

「源氏物語」「空蝉」

著者:紫式部/与謝野 晶子 訳 読み手:麻中 恒子 時間:24分17秒

うつせみのわがうすごろも風流男に馴
れてぬるやとあぢきなきころ(晶子)

 眠れない源氏は、
「私はこんなにまで人から冷淡にされたことはこれまでないのだから、今晩はじめて人生は悲しいものだと教えられた。恥ずかしくて生きていられない気がする」
 などと言うのを小君は聞いて涙さえもこぼしていた。非常にかわいく源氏は思った。思いなしか手あたりの小柄なからだ、そう長くは感じなかったあの人の髪もこれに似ているように思われてなつかしい気がした・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.