戻る

戻る

太宰 治

「ア、秋」

読み手:中村 昭代(2016年)

「ア、秋」

著者:太宰 治 読み手:中村 昭代 時間:6分52秒

 本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩材の準備をして置くのである。
「秋について」という注文が来れば、よし来た、と「ア」の部の引き出しを開いて、愛、青、赤、アキ、いろいろのノオトがあって、そのうちの、あきの部のノオトを選び出し、落ちついてそのノオトを調べるのである。
 トンボ。スキトオル。と書いてある。
 秋になると、蜻蛉も、ひ弱く、肉体は死んで、精神だけがふらふら飛んでいる様子を指して言っている言葉らしい。蜻蛉のからだが、秋の日ざしに、透きとおって見える・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.