戻る

戻る

芥川 龍之介

女仙

読み手:福田 陽子(2017年)

女仙

著者:芥川 龍之介 読み手:福田 陽子 時間:4分4秒

 昔、支那の或田舎に書生が一人住んでいました。何しろ支那のことですから、桃の花の咲いた窓の下に本ばかり読んでいたのでしょう。すると、この書生の家の隣に年の若い女が一人、――それも美しい女が一人、誰も使わずに住んでいました。書生はこの若い女を不思議に思っていたのはもちろんです。実際また彼女の身の上をはじめ、彼女が何をして暮らしているかは誰一人知るものもなかったのですから。
 或風のない春の日の暮、書生はふと外へ出て見ると、何かこの若い女の罵っている声が聞えました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.