戻る

戻る

芥川 龍之介

羅生門

読み手:本郷 周二(2017年)

羅生門

著者:芥川 龍之介 読み手:本郷 周二 時間:22分53秒

 ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。
 広い門の下には、この男のほかに誰もいない。ただ、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、蟋蟀が一匹とまっている。羅生門が、朱雀大路にある以上は、この男のほかにも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二三人はありそうなものである。それが、この男のほかには誰もいない。
 何故かと云うと、この二三年、京都には、地震とか辻風とか火事とか饑饉とか云う災がつづいて起った・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.