戻る

戻る

紫式部  与謝野 晶子

「源氏物語」「帚木」

読み手:麻中 恒子(2017年)

「源氏物語」「帚木」

著者:紫式部/与謝野 晶子 訳 読み手:麻中 恒子 時間:1時間37分2秒

中川の皐月の水に人似たりかたれば
むせびよればわななく  (晶子)

 光源氏、すばらしい名で、青春を盛り上げてできたような人が思われる。自然奔放な好色生活が想像される。しかし実際はそれよりずっと質素な心持ちの青年であった。その上恋愛という一つのことで後世へ自分が誤って伝えられるようになってはと、異性との交渉をずいぶん内輪にしていたのであるが、ここに書く話のような事が伝わっているのは世間がおしゃべりであるからなのだ。自重してまじめなふうの源氏は恋愛風流などには遠かった。好色小説の中の交野の少将などには笑われていたであろうと思われる・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.