戻る

戻る

楠山 正雄

くらげのお使い

読み手:入江 安希子(2017年)

くらげのお使い

著者:楠山 正雄 読み手:入江 安希子 時間:13分51秒

 むかし、むかし、海の底に竜王とお后がりっぱな御殿をこしらえて住んでいました。海の中のおさかなというおさかなは、みんな竜王の威勢におそれてその家来になりました。
 ある時竜王のお后が、ふとしたことからたいそう重い病気になりました。いろいろに手をつくして、薬という薬をのんでみましたが、ちっとも利きめがありません。そのうちだんだんに体が弱って、今日明日も知れないようなむずかしい容体になりました。
 竜王はもう心配で心配で、たまりませんでした。そこでみんなを集めて「いったいどうしたらいいだろう。」と相談をかけました。みんなも「さあ。」と言って顔を見合わせていました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.