戻る

戻る

夏目 漱石

「夢十夜」「第二夜」

読み手:岡本 茂(2017年)

「夢十夜」「第二夜」

夏目 漱石 読み手:岡本 茂 時間:7分35秒

 こんな夢を見た。
 和尚の室を退がって、廊下伝いに自分の部屋へ帰ると行灯がぼんやり点っている。片膝を座布団の上に突いて、灯心を掻き立てた時、花のような丁子がぱたりと朱塗の台に落ちた。同時に部屋がぱっと明かるくなった。
 襖の画は蕪村の筆である。黒い柳を濃く薄く、遠近とかいて、寒むそうな漁夫が笠を傾けて土手の上を通る。床には海中文殊の軸が懸っている。焚き残した線香が暗い方でいまだに臭っている・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.