戻る

戻る

夏目 漱石

「永日小品」より「蛇」

読み手:貝瀬 晶子(2017年)

「永日小品」より「蛇」

著者:夏目 漱石 読み手:貝瀬 晶子 時間:6分58秒

 木戸を開けて表へ出ると、大きな馬の足迹の中に雨がいっぱい湛っていた。土を踏むと泥の音が蹠裏へ飛びついて来る。踵を上げるのが痛いくらいに思われた。手桶を右の手に提げているので、足の抜き差に都合が悪い。際どく踏み応える時には、腰から上で調子を取るために、手に持ったものを放り出したくなる。やがて手桶の尻をどっさと泥の底に据えてしまった。危く倒れるところを手桶の柄に乗し懸って向うを見ると、叔父さんは一間ばかり前にいた。蓑を着た肩の後から、三角に張った網の底がぶら下がっている。この時被った笠が少し動いた。笠のなかからひどい路だと云ったように聞えた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.