戻る

戻る

島崎 藤村

足袋

読み手:凧野 頓太(2017年)

足袋

著者:島崎 藤村 読み手:凧野 頓太 時間:6分9秒

 「比佐さんも好いけれど、アスが太過ぎる……」
 仙台名影町の吉田屋という旅人宿兼下宿の奥二階で、そこからある学校へ通っている年の若い教師の客をつかまえて、頬辺の紅い宿の娘がそんなことを言って笑った。シとスと取違えた訛のある仙台弁で。
 この田舎娘の調戯半分に言ったことは比佐を喫驚させた。彼は自分の足に気がついた……堅く飛出した「つとわら」の肉に気がついた……怒ったような青筋に気がついた……彼の二の腕のあたりはまだまだ繊細い、生白いもので、これから漸く肉も着こうというところで有ったが、その身体の割合には、足だけはまるで別の物でも継ぎ合わせたように太く頑固に発達していた……彼は真実に喫驚した・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.