戻る

戻る

村山 籌子

泣き虫の小ぐまさん

読み手:ちくわさん(2017年)

泣き虫の小ぐまさん

著者:村山 籌子 読み手:ちくわさん 時間:3分28秒

 小ぐまさんは大変泣き虫でした。朝から晩まで、泣いてばかりゐました。
 ある朝、目を覚まして、お床のなかでじつとしてゐますと、ふいに、鳥小屋のにはとりが「コケコツコー。」となきました。それをきいて、小ぐまさんは、つい、貰ひ泣きをしました。が、気がついて見ると、自分ながら、あまり馬鹿々々しいので、かう決心しました。
「にはとりのくせに、なくなんて生いきだ。」
 そして、鳥を野原の真中へもつて行つて、逃してしまひました。それからといふものは、いままで、毎朝食べてゐた、おいしい卵を食べることが出来ないので、小ぐまさんは、一日五十匁づゝ、やせてゆきました。
 或る時、いつもなる、時計が、時を打ち初めましたが、あひにくと、十二打ちました。がまんのならない、長さです。それで、小ぐまさんはいやになつて泣きだしました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.