戻る

戻る

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト 、大久保 ゆう

ニャルラトホテプ

読み手:由良 瓏砂(2017年)

ニャルラトホテプ

著者:ハワード・フィリップス・ラヴクラフト/大久保 ゆう 訳 読み手:由良 瓏砂 時間:12分45秒

 ニャルラトホテプ……這い寄る混沌……残ったのはもうわたしだけ……この何もない空を聞き手にして、お話ししようと思います。

 そもそものことは、はっきりとは思い出せません。でも何ヶ月か前です。みんなひどくぴりぴりしていました。世の中がひっくり返ろうとしているところへきて、なぜだか強く身に危険を感じて不安になる――あたりが、どこもかもが危なかったのです。夜をただわけもなく怖がる、そんな極端なときにしか感じないたぐいの〈危険〉です。思い出せば、道を歩くみなさん真っ青な浮かない顔で、何かの前触れだとか、これから先のこととかささやくのですが、どなたもわざわざ繰り返したり、聞いたことにうなずいたりはなさいませんでした・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.