戻る

戻る

夏目 漱石

「永日小品」より「元日」

読み手:黒沢 ちゑ子(2018年)

「永日小品」より「元日」

著者:夏目 漱石 読み手:黒沢 ちゑ子 時間:6分54秒

 雑煮を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾きがある。あとのものは皆和服で、かつ不断着のままだからとんと正月らしくない。この連中がフロックを眺めて、やあ――やあと一ツずつ云った。みんな驚いた証拠である。自分も一番あとで、やあと云った。
 フロックは白い手巾を出して、用もない顔を拭いた。そうして、しきりに屠蘇を飲んだ。ほかの連中も大いに膳のものを突ついている。ところへ虚子が車で来た。これは黒い羽織に黒い紋付を着て、極めて旧式にきまっている・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.