戻る

戻る

夏目 漱石

「夢十夜」「第五夜」

読み手:井上 康子(2018年)

「夢十夜」「第五夜」

著者:夏目 漱石 読み手:井上 康子 時間:6分7秒

   第五夜

 こんな夢を見た。
 何でもよほど古い事で、神代に近い昔と思われるが、自分が軍をして運悪く敗北たために、生擒になって、敵の大将の前に引き据えられた。
 その頃の人はみんな背が高かった。そうして、みんな長い髯を生やしていた。革の帯を締めて、それへ棒のような剣を釣るしていた。弓は藤蔓の太いのをそのまま用いたように見えた。漆も塗ってなければ磨きもかけてない。極めて素樸なものであった。
 敵の大将は、弓の真中を右の手で握って、その弓を草の上へ突いて、酒甕を伏せたようなものの上に腰をかけていた。その顔を見ると、鼻の上で、左右の眉が太く接続っている。その頃髪剃と云うものは無論なかった・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.