戻る

戻る

夢野 久作

犬のいたずら

読み手:青木 みな子(2018年)

犬のいたずら

著者:夢野 久作 読み手:青木 みな子 時間:5分11秒

 去年の十二月の三十一日の真夜中の事でした。一匹の猪と一匹の犬がある都の寒い寒い風の吹く四辻でヒョッコリと出会いました。
「ヤア犬さん、もう帰るのかね」
「ヤア猪さん、もう来たのかね」
 と二人は握手しました。
「もうじき来年になるのだが、それまでにはまだ時間があるから、そこらでお別れに御馳走を食べようじゃないか」
「それはいいね」
 二人はそこらの御飯屋へ行って、御飯を食べ始めました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.