戻る

戻る

堀 辰雄

風立ちぬ 序曲

読み手:阿蘇 美年子(2018年)

風立ちぬ 序曲

著者:堀 辰雄 読み手:阿蘇 美年子 時間:14分51秒

   序曲

 それらの夏の日々、一面に薄の生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木蔭に身を横たえていたものだった。そうして夕方になって、お前が仕事をすませて私のそばに来ると、それからしばらく私達は肩に手をかけ合ったまま、遥か彼方の、縁だけ茜色を帯びた入道雲のむくむくした塊りに覆われている地平線の方を眺めやっていたものだった。ようやく暮れようとしかけているその地平線から、反対に何物かが生れて来つつあるかのように・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.