戻る

戻る

堀 辰雄

風立ちぬ 春

読み手:阿蘇 美年子(2018年)

風立ちぬ 春

著者:堀 辰雄 読み手:阿蘇 美年子 時間:33分44秒

   春

 三月になった。或る午後、私がいつものようにぶらっと散歩のついでにちょっと立寄ったとでも云った風に節子の家を訪れると、門をはいったすぐ横の植込みの中に、労働者のかぶるような大きな麦稈帽をかぶった父が、片手に鋏をもちながら、そこいらの木の手入れをしていた。私はそういう姿を認めると、まるで子供のように木の枝を掻き分けながら、その傍に近づいていって、二言三言挨拶の言葉を交わしたのち、そのまま父のすることを物珍らしそうに見ていた。――そうやって植込みの中にすっぽりと身を入れていると、あちらこちらの小さな枝の上にときどき何かしら白いものが光ったりした。それはみんな莟らしかった・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.