戻る

戻る

堀 辰雄

風立ちぬ 冬

読み手:阿蘇 美年子(2018年)

風立ちぬ 冬

著者:堀 辰雄 読み手:阿蘇 美年子 時間:55分54秒

   冬

一九三五年十月二十日

 午後、いつものように病人を残して、私はサナトリウムを離れると、収穫に忙しい農夫等の立ち働いている田畑の間を抜けながら、雑木林を越えて、その山の窪みにある人けの絶えた狭い村に下りた後、小さな谿流にかかった吊橋を渡って、その村の対岸にある栗の木の多い低い山へ攀じのぼり、その上方の斜面に腰を下ろした。そこで私は何時間も、明るい、静かな気分で、これから手を着けようとしている物語の構想に耽っていた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.