戻る

戻る

久生 十蘭

水草

読み手:金勝 陽子(2018年)

水草

著者:久生 十蘭 読み手:金勝 陽子 時間:5分10秒

 朝の十時ごろ、俳友の国手石亭が葱とビールをさげてやってきた。
「へんな顔をしていますね。どうしました」
「田阪で池の水を落とすのが耳について眠れない。もう三晩になる」
「あれにはわたしもやられました。池を乾して畑にするんだそうです」
「それはいいが、そのビールはなんだね」
「あい鴨で一杯やろうというのです。尤もあひるはこれからひねりに行くのですが」
 田阪のあひるが水門をぬけてきて畑を荒してしようがないから、おびきだしてひねってしまうというはなしなのである・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.