戻る

戻る

上村 松園

苦楽

ある人の問いに答えてー絵を作る時の作家の心境について私はこう考えています。

読み手:青木 みな子(2018年)

苦楽
ある人の問いに答えてー絵を作る時の作家の心境について私はこう考えています。

著者:上村 松園 読み手:青木 みな子 時間:6分30秒

   一

 画の作家が、画をつくることについて、ある作家は、これを苦しみだと言います、それからある作家は、楽しみだと言います。
 作家が画を作ることが、果たして苦しみでしょうか、また楽しみでしょうか。
 これは考えようによって、どちらも本とうだと言えましょう。私は画を作ることは、私ども作家にとって、苦しみでもあり、また楽しみでもあると言いたいと思います。
 それはどうして苦しみであり、楽しみであると言えるでしょうか。これはいずれにしても、作家でないと分らない心持ちだと思います。作家であって、初めてこの真実味が分るのだと考えます・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.