戻る

戻る

飯田 蛇笏

秋風

読み手:宮澤 賢吉(2018年)

秋風

著者:飯田 蛇笏 読み手:宮澤 賢吉 時間:10分29秒

 子供の頃「坊やん」と謂はれて居た小悧好な男があつた。彼の家はさして生計が豊かといふわけではなかつたが、さうかといつて苦しいといふわけではなく、田畑も少しは人にも貸して尚自分の家でも充分な耕作をして居たやうなところから、女ばかり引きつゞいて生れた後にひよつこり男の子として彼が生れた家庭は、ひた愛でに愛でつくして、某といふりつぱな名前があるにも拘らず「坊や、坊や」と呼び呼びした。隣家のものが先づ「坊やん」と呼び出した。何時の間にか村中誰彼となく「坊やん、坊やん」と呼ぶやうになつてしまつた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.