戻る

戻る

上村 松園

無題抄

読み手:濱田 薫(2018年)

無題抄

著者:上村 松園 読み手:濱田 薫 時間:8分45秒

 私には、どうも絵以外のことですと、どうせ余技にすぎないからという気がして、打ち込んで熱中する気になれない性分があるようです。三味線にしても長唄にしても、最初は謡曲にしても、皆そういう風にずぼらに考えていました。
 が、近頃では、如何に余技にしても、どうせやるからには、何かひとつくらい懸命にやってみようという気になって来ています。

 上手な人のを聴いていると、節廻しひとつにしても言うに言われない妙味があり、その抑揚の味のよさを聞いて感心するばかりでなく、難しいながらも自分でもやってみようという励みが出て来ます ・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.