戻る

戻る

寺田 寅彦

流言蜚語

読み手:宮澤 賢吉(2018年)

流言蜚語

著者:寺田 寅彦 読み手:宮澤 賢吉 時間:9分47秒

 長い管の中へ、水素と酸素とを適当な割合に混合したものを入れておく、そうしてその管の一端に近いところで、小さな電気の火花を瓦斯の中で飛ばせる、するとその火花のところで始まった燃焼が、次へ次へと伝播して行く、伝播の速度が急激に増加し、遂にいわゆる爆発の波となって、驚くべき速度で進行して行く。これはよく知られた事である。
 ところが水素の混合の割合があまり少な過ぎるか、あるいは多過ぎると、たとえ火花を飛ばせても燃焼が起らない。尤も火花のすぐそばでは、火花のために化学作用が起るが、そういう作用が、四方へ伝播しないで、そこ限りですんでしまう ・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.