戻る

戻る

上村 松園

双語

読み手:榎本 美智子(2018年)

双語

著者:上村 松園 読み手:榎本 美智子 時間:3分40秒

   一

 又兵衛の展観が大阪にあったように聞きましたが、私は見ずにしまいました。

 寛永前後の風俗画の中で、又兵衛は特に傑出もしているようですし、数はそう沢山あるのではないにしても、佳いものもなかなか多いように思います。しかし同じ又兵衛でも、以前に出来たものとか、晩年のものとかの相違で、その出来や何かに相当の違いがあるのと、またある一説のように又兵衛もあるいは初代二代とあって、必ずしも同一人ではないという説もあり、絵の調子がひどく違っているのがありますし、その頃のまったく他人で、又兵衛に似た描写をした人もあるのかも知れません。それらが後世になって、みな又兵衛になってしまっているような気もされます・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.