戻る

戻る

種田 山頭火

草と虫とそして

読み手:宮澤 賢吉(2018年)

草と虫とそして

著者:種田 山頭火 読み手:宮澤 賢吉 時間:6分57秒

 いつからともなく、どこからともなく、秋が来た。ことしは秋も早足で来たらしい。

 昼はつくつくぼうし、夜はがちゃがちゃがうるさいほど鳴き立てていたが、それらもいつか遠ざかって、このごろはこおろぎの世界である。こおろぎの歌に松虫が調子をあわせる。百舌鳥の声、五位鷺の声、或る日は万歳万歳のさけびが聞える。夜になると、どこかのラジオがきれぎれに響く。

 柿の葉が秋の葉らしく色づいて落ちる。実も落ちる。その音があたりのしずかさをさらにしずかにする。
 蚊が、蠅がとても鋭くなった・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.