戻る

戻る

高田 保

烈婦

読み手:宮澤 賢吉(2019年)

烈婦

著者:高田 保 読み手:宮澤 賢吉 時間:5分2秒

 「世界情勢吟」と題して川柳一句をお取次ぎする。

  国境を知らぬ草の実こぼれ合い

 なんと立派なものではないか。ピリッとしたものが十七字の中に結晶している。ところでこれがなんと、八十三歳のお婆さんのお作なのだ、驚いていただきたい。
 井上信子、とだけではわかるまい。が井上剣花坊の未亡人だといったら、なるほどと合点なさるだろう。「婦人朝日」誌上で紹介されていたのだが、こぼれ合う草の実こそは真実の人間である。真実の人間同士の間には国境などというあざといものはありゃしない・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.