戻る

戻る

堀 辰雄

大和路・信濃路 十月

読み手:阿蘇 美年子(2019年)

大和路・信濃路 十月

著者:堀 辰雄 読み手:阿蘇 美年子 時間:1時間17分56秒

   

一九四一年十月十日、奈良ホテルにて・・・

くれがた奈良に著いた。僕のためにとっておいてくれたのは、かなり奥まった部屋で、なかなか落ちつけそうな部屋で好い。すこうし仕事をするのには僕には大きすぎるかなと、もうここで仕事に没頭している最中のような気もちになって部屋の中を歩きまわってみたが、なかなか歩きでがある。これもこれでよかろうという事にして、こんどは窓に近づき、それをあけてみようとして窓掛けに手をかけたが、つい面倒になって、まあそれくらいはあすの朝の楽しみにしておいてやれとおもって止めた。その代り、食堂にはじめて出るまえに、奮発して髭を剃ることにした ・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.