戻る

戻る

斎藤 茂吉

露伴先生

読み手:宮澤 賢吉(2019年)

露伴先生

著者:斎藤 茂吉 読み手:宮澤 賢吉 時間:2分58秒

 昭和九年の冬に、岩波茂雄さんの厚意によつてはじめて露伴先生にお目にかかり、その時は熱海ホテルで数日を楽しく過ごした。
 それ以来、月に数回、或は一二回ぐらゐづつお邪魔に参上して先生から教を受け、終戦の年までつづいたのであつた。
 教を受けるといつても、こちらの予備が無いと何にもならないのである。実はさういふ日の方が私には多かつた。けれどもお邪魔にあがつて一二時間費し、門を辞する時には、まことに安楽な、何かに充たされたやうな心持になるのが常であつた。
 そのころ先生は支那の文字、金石について興味を有たれてゐた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.