戻る

戻る

河井 寛次郎

蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ

読み手:宮澤 賢吉(2019年)

蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ

著者:河井 寛次郎 読み手:宮澤 賢吉 時間:7分26秒

 戦争も終りに近づいた頃でありました。東京も大阪も神戸も都市という都市が、大抵やっつけられてしまいまして、やがてはこの京都も、明日ともいわず同じ運命を待つ外ない時でありました。
 私は毎日のように夕方になるとこの町に最後の別れをするために、清水辺りから阿弥陀ヶ峰へかけての東山の高見へ上っていました。
 その日もまた、警報がひんぱんに鳴っていた日でありました。私は新日吉神社の近くの木立の下のいつも腰掛ける切株に腰掛けて、暮れて行く町を見ていました。明日は再び見る事の出来ないかも知れないこの町を、言いようもない気持で見ていました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.