戻る

戻る

夢野 久作

微笑

読み手:ちくわさん(2019年)

微笑

著者:夢野 久作 読み手:ちくわさん 時間:3分18秒

 それは可愛らしい、お河童さんの人形であった。丸裸体のまま……どこをみつめているかわからないまま……ニッコリと笑っていた。
 ……時間と空間とを無視した……すべての空虚を代表した微笑であった。
 ……真実無上の美くしさ……私は、その美くしさが羨ましくなった。云い知れず憎々しくなった。そのスベスベした肌の光りが無性に悲しく、腹立たしく、自烈度くなった。
 その人形を壊してしまいたくなった。その微笑をメチャメチャにしたくなった。私は人形を抱き上げて、静かに首をねじって見た。するとその首は、殆んど音も立てないで、ポックリと折れた中から、竹の咽喉笛がヒョイと出て来た……人を馬鹿にしたように・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.