戻る

戻る

原 民喜

絵にそへて

読み手:高橋 ユミ子(2019年)

絵にそへて

著者:原 民喜 読み手:高橋 ユミ子 時間:2分39秒

 この絵は何処だとはっきり云はないがいいかも知れません。題は子供心のあこがれとでも云ふのでせうか。そこの島の八月、今から凡そ二十年も前のことですが、公園に始めてホテルが出来たのです。杉に囲まれた瀟洒な石の建築の脇には山から湧いて流れる溪流があって家鴨が白い影を浮かべてゐました。芝生の綺麗な傾斜に添って、白い砂利道を行くと、噴水のある滝の前に赤いポストがあり、鞦韆に外国の子供が乗かってゐました。ある夕方、幼い私は姉と連れだって、その辺を逍遙ってゐると、突然ピンクのドレスを着た外国の娘が、 “Can you speak English ?” と姉に話しかけたのです・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.