戻る

戻る

斎藤 茂吉

最上川

読み手:宮澤 賢吉(2019年)

最上川

著者:斎藤 茂吉 読み手:宮澤 賢吉 時間:6分23秒

 最上川は私の郷里の川だから、世の人のいふ『お国自慢』の一つとして記述することが山ほどあるやうに思ふのであるが、私は少年の頃東京に来てしまつて、物おぼえのついた以後特に文筆を弄しはじめた以後の経験が誠に尠いので、その僅の経験を綴り合せれば、ただ懐しい川として心中に残るのみである。
 十三歳の時に上山小学校の訓導が私等五人ばかりの生徒を引率して旅に出た。第一日目は上山の裏山越をして最上川畔のドメキ(百目木)といふところに一泊した。ここに来ると川幅はもう余ほど広く、こんな広い川を見るのは生れて初てである・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.