戻る

戻る

梶井 基次郎

筧の話

読み手:宮澤 賢吉(2019年)

筧の話

著者:梶井 基次郎 読み手:宮澤 賢吉 時間:8分8秒

 私は散歩に出るのに二つの路を持っていた。一つは渓に沿った街道で、もう一つは街道の傍から渓に懸った吊橋を渡って入ってゆく山径だった。街道は展望を持っていたがそんな道の性質として気が散り易かった。それに比べて山径の方は陰気ではあったが心を静かにした。どちらへ出るかはその日その日の気持が決めた。
 しかし、いま私の話は静かな山径の方をえらばなければならない。
 吊橋を渡ったところから径は杉林のなかへ入ってゆく。杉の梢が日を遮り、この径にはいつも冷たい湿っぽさがあった。ゴチック建築のなかを辿ってゆくときのような、犇ひしと迫って来る静寂と孤独とが感じられた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.