戻る

戻る

村山 籌子

泣いてゐるお猫さん

読み手:吉江 美也子(2019年)

泣いてゐるお猫さん

著者:村山 籌子 読み手:吉江 美也子 時間:5分3秒

   1

ある所にちよつと、慾ばりなお猫さんがありました。ある朝、新聞を見ますと、写真屋さんの広告が出てゐました。
「写真屋さんをはじめます。今日写しにいらしつた方の中で、一番よくうつつた方のは新聞にのせて、ごほうびに一円五十銭差し上げます。」
お猫さんは鏡を見ました。そして身体中の毛をこすつてピカピカに光らしました。そして、お隣のあひるさんの所へ行きました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.