戻る

戻る

小川 未明

武ちゃんと昔話

読み手:田中 淑恵(2019年)

武ちゃんと昔話

著者:小川 未明 読み手:田中 淑恵 時間:8分4秒

 この夏休みに、武ちゃんが、叔父さんの村へいったときのことであります。
 ある日、村はずれまで散歩すると、そこに大きな屋敷があって、お城かなどのように、土塀がめぐらしてありました。そして、雨風にさらされて古くなった門が、しめきったままになって、内には、人が住んでいるとは思われませんでした。
「どうしたんだろうか。」と、武ちゃんは、不思議に思いました。門のすきまからのぞくと、家のほかに土蔵もあったけれど、ところどころ壁板がはずれて、修繕するでもなく、竹林の下には、枯れ葉がうずたかくなって、掃くものもないとみえました。あたりは、しんとして、ただすずめの鳴き声が、きこえるばかりです。
「この家の人は、どこへいったんだろう?」
 武ちゃんは、家へ帰ると、さっそくそのことを叔父さんにたずねたのであります・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.