戻る

戻る

高村 光太郎

「智恵子抄」より「あどけない話」

読み手:堀切 佳子(2019年)

「智恵子抄」より「あどけない話」

著者:高村 光太郎 読み手:堀切 佳子 時間:1分22秒

智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

昭和三・五

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.