戻る

戻る

上村 松園

砂書きの老人

読み手:中村 昭代(2019年)

砂書きの老人

著者:上村 松園 読み手:中村 昭代 時間:4分14秒

 まだ私が八、九歳のころ京都の町々にいろいろな物売りや、もの乞いがやって来ていたが、その中に五十歳ぐらいのきたならしい爺さんが、絣木綿のぼろを纒って白の風変りな袴をつけ、皺くちゃな顔には半白の鬚など生やして門々を訪れてまわっていた。
 別にものを売るのではない。ただ腰に砂を入れた袋をさげていて、その中に白黒黄藍赤など五色の彩色砂を貯えている。
 門前に立っては、もの珍しげによりたかる私どもにむかって、
「それそれ鼻たれ、そっちゃへどけ、どけ……」
 と一応怒鳴り廻してから、砂袋の中から五色の砂を取りまぜて握り出しては門の石だたみの上にそれをさっとはくように撒く・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.