戻る

戻る

島崎 藤村

雪の障子

読み手:宮澤 賢吉(2019年)

雪の障子

著者:島崎 藤村 読み手:宮澤 賢吉 時間:6分1秒

 めずらしいものが降った。旧冬十一月からことしの正月末へかけて、こんな冬季の乾燥が続きに続いたら、今に飲料水にも事欠くであろうと言われ、雨一滴来ない庭の土は灰の塊のごとく、草木もほとほと枯れ死ぬかと思われた後だけに、この雪はめずらしい。長く待ち受けたものが漸くのことで町を埋めに来て呉れたという気もする。この雪が来た晩の静かさ、戸の外はひっそりとして音一つしなかった。あれは降り積もるものに潜む静かさで、ただの静かさでもなかった。いきぐるしいほど乾き切ったこの町中へ生気をそそぎ入れるような静かさであった・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.