戻る

戻る

野村 胡堂

江戸の昔を偲ぶ

読み手:水野 久美子(2019年)

江戸の昔を偲ぶ

著者:野村 胡堂 読み手:水野 久美子 時間:11分57秒

 江戸という時代は、まことに悪い時代であったに違いない。封建的で、階級的で、迷信的で、一つも取柄はなかったようであるが、一方からはこんなのんきなのんびりした時代はなかったようでもある。ネコのノミをとっても一生楽に暮らせ、居候の名人になっても、一生楽に暮らせる世界は、今の世からは想像も及ばないことである。
 それが移り変って、月に三十円あればと歌った、啄木の生きていた明治の代となり、三万円もなければ、どうにも暮らせない今の世の中となったのである。
 古い江戸の地図や絵図面をひろげて見ると、私は一種の郷愁を感ずるのである・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.