戻る

戻る

小山内 薫

今戸狐

読み手:水野 久美子(2020年)

今戸狐

著者:小山内 薫 読み手:水野 久美子 時間:3分14秒

これは狐か狸だろう、矢張、俳優だが、数年以前のこと、今の沢村宗十郎氏の門弟で某という男が、或夏の晩他所からの帰りが大分遅くなったので、折詰を片手にしながら、てくてく馬道の通りを急いでやって来て、さて聖天下の今戸橋のところまで来ると、四辺は一面の出水で、最早如何することも出来ない、車屋と思ったが、あたりには、人の影もない、橋の上も一尺ばかり水が出て、濁水がゴーゴーという音を立てて、隅田川の方へ流込んでいる・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.