戻る

戻る

小川 未明

春近き日

読み手:渡邊 明美(2020年)

春近き日

著者:小川 未明 読み手:渡邊 明美 時間:3分1秒

 お母さんが、去年の暮れに、町から買ってきてくださったお人形は、さびしい冬の間、少女といっしょに、仲よく遊びました。
 それを、どうしたことか、このごろになって、お人形は、しくしくと泣いて、お嬢さんに願ったのであります。
「どうか、私をお母さんのところへ帰してください。」と申しました。
 少女は、どうしていいかわかりませんでした。お人形のお母さんがどこにいるかということもわからなければ、せっかく仲よく遊んだお人形に別れることも悲しかったからです。
「私は、お母さんに聞いてみます……。」と、少女は答えました。
 すると、かわいらしいお人形は、目をまるくして、
「どうか、お嬢さま、そのことはだれにも話さないでくださいまし。」と、頼みました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.