戻る

戻る

ハンス・クリスチャン・アンデルセン  大久保 ゆう

はだかの王さま

読み手:宮崎 文子(2020年)

はだかの王さま

著者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン/大久保 ゆう 訳 読み手:宮崎 文子 時間:21分43秒

 むかしむかし、とある国のある城に王さまが住んでいました。王さまはぴっかぴかの新しい服が大好きで、服を買うことばかりにお金を使っていました。王さまののぞむことといったら、いつもきれいな服を着て、みんなにいいなぁと言われることでした。戦いなんてきらいだし、おしばいだって面白くありません。だって、服を着られればそれでいいんですから。新しい服だったらなおさらです。一時間ごとに服を着がえて、みんなに見せびらかすのでした。ふつう、めしつかいに王さまはどこにいるのですか、と聞くと、「王さまは会議室にいらっしゃいます。」と言うものですが、ここの王さまはちがいます。「王さまは衣装部屋にいらっしゃいます。」と言うのです・・・

・この作品は青空文庫に提供されています。

◇翻訳者:大久保 ゆう
・この翻訳に関するお問合せは訳者本人までお願いします。
・この翻訳は「クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス」によって公開されています。

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.